ITのミリ活日記

自衛隊関連の写真、イベント、時事ネタを中心に投稿していきます(`・ω・´)ゝ

カテゴリ: 佐世保基地

本ブログは私が足を運んできたミリ活・艦活の日記・メモ代わりに利用しております。
自衛隊に興味ある方に読んで頂ければと存じますが、その筋の方や専門家の方が閲覧することを想定しておりません。
ご指摘・ご教示頂けると大変嬉しいですが、何卒ご笑覧頂けると幸いです。
----------
本記事は下記遷移先である「【閲覧注意】佐世保基地」の続きになります^^♪

「くらまカレー」を頂いた後は、佐世保重工業(SSK)や海上自衛隊・米海軍佐世保基地を俯瞰することができる場所へと移動しました o(・ω・o)=з=з

イメージ 2

佐世保重工業(SSK)蛇島西岸壁にて整備されているむらさめ型護衛艦8番艦のDD108あけぼのです^^

今回「あけぼの」を見ることができたので、私がこれまでのミリ活で捉えたむらさめ型は下記になります!

----------
DD101むらさめ 一般公開、航行中撮影
DD102はるさめ 一般公開、航行中撮影
DD103ゆうだち まだm(_ _)m
DD104きりさめ 一般公開、航行中撮影
DD105いなづま 停泊中撮影
DD106さみだれ 一般公開撮影
DD107いかづち 停泊中撮影
DD108あけぼの 停泊中撮影
DD109ありあけ まだm(_ _)m
----------

大湊基地を定係港としている「ゆうだち」を撮影できる気がしません(苦笑)

イメージ 3

「あけぼの」に搭載されている対艦ミサイルの最後の防御手段であるCIWS(高性能20mm機関砲)を見てみると、VPS-20レーダーが収められたレドームの白色→灰色に。。。

イメージ 4
イメージ 5

変更されたと思っていましたが、これは「白色」ですねm(_ _)m

一人で浮かれていました(苦笑)

イメージ 29
※写真はブロ友の「betch」さんに頂いたものです(`・ω・´)ゝ

あの日は光線が強かったので、白色か灰色かよく分かりませんでしたが、こうして見比べると明らかに違います。

※変だと思っていた方、ごめんなさいm(_ _)m

続いて、佐世保重工業(SSK)のドックやドック内の艦艇を見ていきます!

イメージ 6

佐世保重工業(SSK)のドックです^^

左から第1修繕ドック、第2修繕ドック、第3修繕ドックを見ることができます。

適当に撮った写真なので、第4修繕ドック以降は写っておりません"(-""-)"

また佐世保重工業を英訳すると、普通に考えたらSHI(Sasebo Heavy Industries)になります。

それが「SSK」と訳されるのが納得いかないので調べてみると、会社設立当初の社名である「佐世保船舶工業(Sasebo Senpaku Kogyo)」の頭文字をとったものが、現在も用いられているとのことでした。

イメージ 7

第2修繕ドック左の第1修繕ドックには「何か」います!

※入口の関係上、「何か」いるのは最初から気付いていましたが、ブログにて紹介する関係上後回しにしました(*´▽`*)

イメージ 8

5修繕ドック(多分)に入渠していた掃海艇のマストです^^

佐世保基地を定係港としている掃海艇は第2掃海隊ひらしま型掃海艇のMSC601ひらしま、MSC602やくしま、MSC603たかしまで、「ひらしま」、「たかしま」は佐世保基地倉島岸壁に停泊しているのを確認しております。

ということは、今年2月に隊員さんが高知県室戸岬沖で行方不明となった「やくしま」でしょうか?

イメージ 9
イメージ 10

また、佐世保重工業(SSK)の港内には曳船(タグ・ボート)の姿を確認することができました!

写真上から。。。

----------
■葉港丸
総トン数:183t
馬力:3,800t
速力:14kt
----------
■赤崎丸
総トン数:195t
馬力:4,000t
速力:14kt
----------

船体色が赤色・青色・白色なので、ガンダムみたいですね(*´▽`*)

イメージ 11

続いて、私が気になっていた第1修繕ドックに入渠していた謎の艦艇について見ていきます!

※謎の艦艇については【速報】にてブロ友の「くじら座元帥」閣下よりご教示頂き、判明しておりますが、初めてみる方のために勿体ぶります(苦笑)

イメージ 12

謎の艦艇の後部構造物です^^

後部構造物にはRAM(Rolling Airframe Missile)やPhalanx BlockIB(銃身を支える支柱がありませんが)、OE-82C 衛星通信アンテナを確認することができます。

RAMや船体色で米海軍の艦艇ということは分かりますが、今のところ何の艦艇か、特定ができません((+_+))

イメージ 13

艦首側に移動しました o(・ω・o)=з=з

車体のフレームはlc10さんの73式小型トラックみたいな車です。

※ゲート前から謎の艦艇の正面から撮影することができますが、あまり警備する気のない米兵がいるのでやめました(苦笑)

佐世保重工業(SSK)は一部国有地となっていて、第1ドックはそれにあたります。

イメージ 1

あぶくま型に後日装備される予定のRAM(Sea-RAM)はいつになるのかなー、と思いながら艦橋前のRAMを見ます(笑)

艦橋は何となくOliver Hazard Perry(オリバー・ハザード・ペリー)級に似ている気がしますが、米海軍のO・H・Perry級は全艦退役していますm(_ _)m

また、佐世保滞在中は佐世保基地にいるドック型揚陸艦はSan Antonio(サン・アントニオ)級のみだと思っていたため、ここまできてもこの艦艇が何なのか分かりませんでした。。。

イメージ 14

lc10さんがブログで掲載していた写真です^^♪

佐世保重工業(SSK)第修繕1ドックを俯瞰することができる、よいところですね。

ブロ友の「くじら座元帥」閣下にご教示頂いたところ、こちらの艦艇はWhidbey Island(ホイッドビー・アイランド)級ドック型揚陸艦とのことでした!

艦番号が分からないため、2番艦USS LSD42 Germantown(ジャーマンタウン)か8番艦USS LSD48 Ashland(アシュランド)なのかは分かりません。。。

佐世保重工業(SSK)に満足して次に訪れたところは。。。

イメージ 15

リアス式海岸と200余りの島からなる九十九島を含め、大小400に及ぶ島々が繰り広げる外洋性多島海景観を特徴としている、西海国立公園の展望台です(`・ω・´)ゝ

イメージ 16

展望台から望んだ海上自衛隊佐世保基地倉島岸壁と立神桟橋、佐世保重工業(SSK)蛇島南岸壁です!

靄やPM2.5、黄砂の影響がなければ本当に良い俯瞰場所だと思います(`・ω・´)ゝ

それでは、確認できる範囲で停泊している艦艇を見ていきます^^♪

イメージ 17

----------
■倉島岸壁
AMS4303 あまくさ
DD132 あさゆき
ATS4202 くろべ
DDH144 くらま(2017年3月19日現在)
DD157 さわぎり
DD154 あまぎり
MSC601 やえしま
MSC603 たかしま
YDT06
----------

イメージ 18

----------
■立神2号桟橋
DDG178 あしがら
AOE424 はまな
----------

イメージ 19

----------
■立神1号桟橋
DE230 じんつう
----------
■立神岸壁
USS MCM7 Patriot(パトリオット)
もう1隻もAvenger(アヴェンジャー)級
USS MCM9 Pioneer(パイオニア)
USS MCM10 Warrior(ウォーリア)
USS MCM14 Chief(チーフ)
のいずれか
----------

イメージ 20

----------
■蛇島1号岸壁
T‐AGOS20 Able(エイブル)
T-AGOS23 Impeccable(インペカブル)
----------

イメージ 21

----------
■蛇島2号岸壁
APL-40
----------
■蛇島西岸壁
DD108あけぼの
----------

イメージ 22

----------
■沖泊め
Lewis and Clark(ルイス・アンド・クラーク)級で艦名不明
----------

イメージ 23

こちらの3本煙突は日本海軍佐世保鎮守府隷下の無線送信所として活躍した針尾送信所です!

左から2号塔、3号塔、1号塔で長さは1号及び2号塔が135m、3号塔が137mで、基部の直径は約12m、厚さは76cmとなっており、自立式電波塔としては高さ・古さともに日本一となっています。

ちなみに、3本の配置は約300m間隔の正三角形です。

太平洋戦争開戦の暗号「ニイタカヤマノボレ一二〇八」を送信した電波塔として有名ですが、この暗号を真珠湾攻撃部隊に向けて送信したのは千葉県船橋市の船橋送信所(艦船向けの短波と中波)と愛知県碧海郡依佐美村の依佐美送信所(潜水艦向けの超長波)が最初で、針尾送信所は後から送信したらしいです。

西海国立公園からの撮影を終え、元来た道を戻ります o(・ω・o)=з=з

イメージ 24

最初に佐世保基地倉島岸壁を俯瞰したあたりです(≧ω≦)b

このアングルからは撮影していなかったので、わがままを言わせて頂きましたm(_ _)m

よく見てみると。。。

イメージ 25

「さわぎり」の自衛艦旗が降ろされていました"(-""-)"

掲揚の際に不手際があったのでしょうか?

担当者のその後が気になります(ノД`)・゜・。

続いて。。。

イメージ 26
イメージ 27

違うアングルからも撮影(`・ω・´)ゝ

真後ろからのアングルは(撮影中に気付きましたが)、ブロ友のキョマカイちゃん(さん)の背景画像ですね^^♪

今回で横須賀基地、呉基地、佐世保基地、舞鶴基地の旧鎮守府が置かれていた基地を制覇したので、いつかは大湊基地に行ってみたいです!

イメージ 28

支援船バースに停泊していた第1種支援船の数々です!

手前に係留されているのはYO(油船)で、各基地に配備されている支援船になります。

他の支援船としては下記が挙げられます(もう廃止されたものもありそうです)。
----------
YT 曳船(タグ・ボート)
YO 油船(艦艇燃料)
YG 油船(航空燃料)
YW 水船
YB 廃油船
YL 運貨船
YV 敷標船
YF 交通船
YE 消防船
YS 清掃船
YAL 敷設船
YC 起重機船
YTE 練習船
C カッター
----------
撮影後はlc10さんに佐世保の街を案内してもらい、明日が早いので夕方には解散となりました(#^^#)

私一人だと倉島岸壁-セイルタワーの見学しか実現していなかったと思うので、本当に助かりましたm(_ _)m

また、最後になりましたが。。。

イメージ 30

「くらま」の退役を記念する切手(台紙付き)をlc10さんより頂きましたm(_ _)m

私が佐世保を訪れる前日に発売を開始し、その日の内に長崎市内のほとんどの郵便局で売り切れとなったようです。

※SNSによると、後日販売(通信販売)の台紙付きは発売開始から10分、切手のみで20分で完売したとのことです!

「くらま」人気は凄まじいですね(*´▽`*)

激しい争奪戦にも関わらず、記念切手を入手して頂き、感謝の言葉も御座いませんm(_ _)m

大変名残惜しいですが、長編となった佐世保遠征もこれにて筆を置かせて頂きます(`・ω・´)ゝ
----------
「かが」の横須賀→呉への回航の日程が近付いていますが、どの航路で何時に呉基地に着岸するのでしょうか?
てるみくらぶ 森友学園
明石海峡を通るルートなら何とかして撮影に向かいたいのですが。。。

本ブログは私が足を運んできたミリ活・艦活の日記・メモ代わりに利用しております。
自衛隊に興味ある方に読んで頂ければと存じますが、その筋の方や専門家の方が閲覧することを想定しておりません。
ご指摘・ご教示頂けると大変嬉しいですが、何卒ご笑覧頂けると幸いです。
----------
下記遷移先である「おやしお型潜水艦出港」の続きになります^^♪

受付にいた猫ちゃんより入門の許可を頂き、いざ佐世保基地倉島岸壁へと進みます o(・ω・o)=з=з

イメージ 2

2016年12月4日以来の「くらま」です(≧ω≦)b

もうお目に掛る機会がないと考えていただけに、感慨無量です!

イメージ 3
イメージ 4

高台にあるこちらの綺麗な建物は、佐世保警備隊港務隊、佐世保海上訓練連指導隊、佐世保基地業務隊が入っている海上自衛隊倉島庁舎になります(`・ω・´)ゝ

こちらの庁舎には後程足を運びましたので、ご紹介は後程。

イメージ 5

倉島岸壁に停泊していた従来型のヘリコプター搭載型護衛艦であるDDH144くらまです!

空母型ヘリコプター搭載型護衛艦であるいずも型やひゅうが型の方が排水量、全長共に大きいのですが、しらね型DDHの方が大きく見えてしまう不思議。。。

イメージ 6

奥にメザシ係留されていたのは。。。

イメージ 7
イメージ 1

隣にメザシで係留していたのは第2護衛隊のDD154あまぎり、第13護衛隊のDD157さわぎりでした!

両艦はあさぎり型汎用型護衛艦の前期型と後期型に分類することができ、建造時期によって微妙に差異があります。

それは後程の乗艦の際にご紹介致します(`・ω・´)ゝ

イメージ 8

私の見学者番号「23」と共に撮影(`・ω・´)ゝ

ちなみに、今回の公開艦はDD157さわぎりでした!

イメージ 9

「くらま」の艦首側に停泊していたのは、DD157さわぎりと同じ第13護衛隊のDD132あさゆきでした(*´▽`*)

私が学生時代によく見ていたはつゆき型ですが、「あさゆき」を見るのは初めてです (≧ω≦)b

暫くナチタ総統閣下とlc10さんと「くらま」を艦首から眺めていると。。。

イメージ 10
イメージ 11

訓練支援艦のATS4202くろべが入港してきました!

三脚はlc10さんの73式小型トラックみたいな車に置いてきたので、入港動画は断念m(_ _)m

「くらま」自衛艦旗掲揚の際に見た260t型曳船(タグ・ボート)は「くろべ」の入港を支援していたのかと思われます。

イメージ 12

倉島岸壁から撮影した「くらま」の艦番号です(*´▽`*)

ある方のナンバープレートの番号も。。。(苦笑)

2016年12月4日の高松港で見た時より、喫水がかなり上がっているのが分かりますm(_ _)m

イメージ 13

「くらま」の上部構造物を捉えます^^♪

所謂「従来型DDH」では、艦橋構造物とヘリコプター格納庫は一体となっています。

イメージ 17

艦橋天盤に設置されている、射撃管制指揮装置FCS-1などの電子戦機器です^^♪

このゴチャゴチャしているのが堪りませんが、分からない人には分からないんでしょうね( ̄д ̄)

イメージ 14

艦橋側に設置された「くらま」へと続く舷梯です(`・ω・´)ゞ

隊員さんに静止されてでも、この舷梯を掛け上がりたかったです(苦笑)

イメージ 20

「くらま」の艦名が書かれた名盤です。

この名盤を競売にかけたら、いい値段になりそうですが。。。

イメージ 15
イメージ 16

「くらま」の後部構造物です!

公開艦である「さわぎり」へは「くらま」のヘリコプター甲板を横断して渡る模様(`・ω・´)ゝ

イメージ 18

艦尾両舷に描かれている艦名の「くらま」です。

海上自衛隊は多くの艦艇を保有していますが、両舷に記載されているものは少ないですね(*´▽`*)

イメージ 19

後方から捉えた「くらま」とメザシ係留されている「さわぎり」、「あまぎり」です ^^

イメージ 21

3月22日までの4日間はまだ現役艦であるため、「くらま」陸上の給電盤から電力を供給されていました。

暫くは倉島岸壁に係留されているものかと思いきや、23日には佐世保重工業(SSK)のドックに入渠していたようです!


私が訪れた3日後の22日に行われた「くらま」の自衛艦旗返納式の様子。。。

様々な思いが込み上げてきます(´・ω・`)

動画の2:43~使われている艦名、艦番号を消す塗料は。。。

イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27

倉島岸壁の「くらま」の横に置かれていたものかと存じます!

ロープを潜って、これらを海に蹴り飛ばしたかったですね(苦笑)

イメージ 22

「くらま」の艦尾には佐世保基地を定係港としている第2掃海隊のMSC601ひらしまとMSC603たかしま、水中処分母船のYDT06がメザシ係留されていました!

2番艦のMSC602やくしまは、先月2月に乗組員の落水事故を起こしたためか、まだ佐世保基地に帰ってきていない様でした。。。

明日の記事では、公開艦であった「さわぎり」の一般公開の様子をお送りします(`・ω・´)ゝ
----------
昨日の日米親善よこすかスプリングフェスタ2017の来場者数は、雨天にも関わらず21,000人を記録したそうですね!

まぁ、入間基地航空祭は昨年(2016年)で200,000人を超えたと記憶しておりますが(苦笑)

本ブログは私が足を運んできたミリ活・艦活の日記・メモ代わりに利用しております。
自衛隊に興味ある方に読んで頂ければと存じますが、その筋の方や専門家の方が閲覧することを想定しておりません。
ご指摘・ご教示頂けると大変嬉しいですが、何卒ご笑覧頂けると幸いです。
----------
下記遷移先である「DDH144くらま 自衛艦旗掲揚」の続きになります^^♪

各艦の自衛艦旗が掲揚された後、50t型曳船(タグ・ボート)がおやしお型潜水艦の周囲に集まり、ナチタ総統閣下、lc10さんの動きに合わせて私も移動します o(・ω・o)=з=з

イメージ 2

時々ミリオタとは全く別の太公望にも話し掛けられます(*´▽`*)

太公望:俺はこの前関門海峡で、この黒いんの倍(全長)はする潜水艦を見たぞ(๑• ̀д•́ )✧ドヤッ

私:(むしろ、そんな潜水艦の就役を見てみたい。。。(*´▽`*))


動画も撮影しているので、Youtubeのリンクを貼っておきます(`・ω・´)ゝ

あくまで雰囲気が伝わればと思い撮影しているので、画質などを気にしてはいけません(苦笑)

イメージ 3

50t型曳船(タグ・ボート)の力を借りた後、後進して佐世保基地倉島岸壁を離れていきます o(・ω・o)=з=з

イメージ 4

波を掻き分けずに、ゆっくりと動いていきます o(・ω・o)=з=з

50t型曳船(タグ・ボート)もそれに続きます(`・ω・´)ゝ

イメージ 5

立神桟橋に近付いたところで前進をかけ、艦の動きを止めます。

本来はプロペラ付近から飛沫が舞って格好良かったのですが、ピンボケしてしまったのでm(_ _)m

記事を書きながら気付いたのですが、潜水艦とイージス艦を一緒に撮ることはあまりなかったかなー、と(*´▽`*)

イメージ 6

2隻の50t型曳船(タグ・ボート)に押され、川崎重工製のおやしお型潜水艦はゆっくり回頭します!

イメージ 7

正面を捉えましたが、またしてもピンボケ(苦笑)

可笑しいと思ったら、望遠レンズ側がマニュアル設定になっていましたm(_ _)m

十字舵も動かし、50t型曳船(タグ・ボート)の仕事をスムーズにします^^♪

イメージ 8

回頭終了(`・ω・´)ゝ

イメージ 9

ゆっくりと波を切って進んで行きました(`・ω・´)ゝ

50t型曳船(タグ・ボート)も途中までお見送りに行きます o(・ω・o)=з=з

潜水艦を見送った後、lc10さんと海上自衛隊、海上保安庁、米海軍、佐世保重工業(SSK)を間近で俯瞰することができる佐世保クルーズの乗船券を購入するため、JR佐世保駅へと向かいます!

。。。が、予約の段階で完売してしまいました(涙)

イメージ 10

腹いせにITASHA WEEKで全国から集まっていた痛車を撮影(笑)

※北は帯広ナンバーのものもありました^^v

上記は軽自動車の横にホイールを置いているだけです(*´▽`*)

ある意味機動戦闘車です((+_+))

イメージ 11

佐世保クルーズの乗船が叶いませんでしたが、佐世保基地倉島岸壁をゆっくりと見学することにします^^♪

何しろこの日は36年間佐世保基地を定係港としていたDDH144くらまを間近で俯瞰することができる、最後の日なので。。。

イメージ 12

受付で身分証明書を提示し、無事に基地内へと入ります o(・ω・o)=з=з

ナチタ総統閣下とlc10さんを待っている間、基地内に住み着いているっぽい猫ちゃんを撮影(*´▽`*)

上記は身分証明書を提示している、ナチタ総統閣下の後姿を見ている猫ちゃんです!

イメージ 13

総統閣下が近付くと、笑顔(?)になっていました(苦笑)

有刺鉄線と戯れているのを見るのは初めてです(*´▽`*)

イメージ 1

日向ぼっこをしている猫ちゃんを撮影していると、lc10さんも諸々の手続きが終わります!

イメージ 14

佐世保海上保安本部付近にある、支援船バースです^^v

こちらには曳船(タグ・ボート)や油船などの第1種支援船が係留されていました。

写真では260t型曳船(タグ・ボート)であるYT64号、YT74号、YT78号が写っていますが、別のところに先程のYT70号とYT84号も係留されていました!

それでは、次回の記事から佐世保基地倉島岸壁へと潜入します(`・ω・´)ゝ
----------
そろそろ‎日米親善よこすかスプリングフェスタ2017での公開艦(巡洋艦)が分かった頃でしょうか?

羨ましいなー(*´▽`*)

本ブログは私が足を運んできたミリ活・艦活の日記・メモ代わりに利用しております。
自衛隊に興味ある方に読んで頂ければと存じますが、その筋の方や専門家の方が閲覧することを想定しておりません。
ご指摘・ご教示頂けると大変嬉しいですが、何卒ご笑覧頂けると幸いです。
----------
【速報】にて既にご紹介しておりますが、今回の記事から暫く佐世保遠征でのミリ活・艦活について執筆させて頂きます(`・ω・´)ゝ

今回の遠征が実現したのは、いろいろと調整ができたおかげです(苦笑)

また、ブロ友のlc10さん、ナチタ総統閣下の協力がなければ実現することができませんでしたm(_ _)m

たくさんの思い出も作って頂きまして、誠にありがとうございました(`・ω・´)ゝ

それでは、この日の艦活について書かせて頂きます!

イメージ 2

佐世保市には土曜日夜に到着しており、佐世保市内のホテルに宿泊していました^^

日曜日は朝から活動し、ホテルを出るとlc10さんの愛車である73式小型トラックみたいな車が止まっていました(≧ω≦)b

その車両を見たときの私の胸の高鳴りは、文字なんぞで表現することはできません!

※写真は写り具合の関係で、後の記事でご紹介します^^♪

lc10さんと念願の対面を果たし、簡単な自己紹介をした後、目的地である海上自衛隊佐世保基地倉島岸壁へ向かいました o(・ω・o)=з=з

上記写真はそこから撮影したものになります!

イメージ 3

立神2号桟橋にはミサイル護衛艦のイージス艦として有名なDDG178あしがらと立神1号桟橋には従来のミサイル護衛艦であるDDG172しまかぜが停泊していました。

イメージ 4

倉島岸壁にメザシで係留しているフネに、なんと潜水艦がいました(゜Д゜)!?

潜水艦の定係港は横須賀か呉なので、割と珍しいはずです(≧ω≦)b

潜水艦の撮影に満足して、自分がいる岸壁に「見覚えのある車」が止まっていました。

とある総統閣下の御料車である「それ」を見て、「まさか。。。」と思ったところで、後ろから声を掛けて頂きました(*´▽`*)

※lc10さんは早朝から総統閣下のブログを確認していたようで、ご存じだったようです。

国内では北は北海道、南は沖縄にまでその存在を知られているナチタ総統ともご一緒できて、大変光栄ですm(_ _)m

lc10さんに続き、恐縮する中での艦活でした(*´▽`*)

私が朝早くから艦活をする目的は勿論。。。

イメージ 5

「くらま」の自衛艦旗掲揚を撮影するためです(`・ω・´)ゝ

ちなみに本日は「くらま」就役期間中の最後の佐世保基地一般公開になります!

自衛艦旗掲揚の様子は動画で撮影しておりますので、Youtubeにアップロードしたものを添付しておきます^^♪


※知らない間にチャンネル登録数が増えていました(*´▽`*)

まぁ、増えて良いことがあるわけはないのですが(苦笑)

イメージ 1

「くらま」の自衛艦旗が掲揚されたものの、無風なのでパッとしません(苦笑)

「くらま」に搭載されていた高性能20mm機関砲などが撤去されているため、喫水がかなり上がっています。

イメージ 6

自衛艦旗を掲揚して間を空けずに、海自が保有する50t型曳船(タグ・ボート)のYT09号が係留していたおやしお型潜水艦の側に付きます!

潜水艦は川崎重工神戸工場で建造されたタイプですね。

イメージ 7

場所を移動して、総統車の側で撮影します o(・ω・o)=з=з

奥に見える、岸壁に接岸しているのは、DD132あさゆきです。

イメージ 8

他の50t型曳船(タグ・ボート)も集まり、海上保安庁の巡視艇ではなく、護衛艦の内火艇が警戒(?)に付きます!

イメージ 9

沖合から260t型曳船(タグ・ボート)のYT84号が帰ってきました o(・ω・o)=з=з

やはり曳船(タグ・ボート)は海自のこの灰色が好きです^^♪

イメージ 10

続いて、260t型曳船(タグ・ボート)のYT70号も続きます o(・ω・o)=з=з

これがのちの伏線になるとは、まだ気付いておりませんでしたm(_ _)m

次回の記事はおやしお型潜水艦の出港の様子をお送りします(`・ω・´)ゝ
----------
本日は静岡県静岡市にある清水港でミサイル護衛艦のDDG171はたかぜと汎用型護衛艦のDD107いかづちの一般公開が行われているようですね(*´▽`*)

DDG171はたかぜは近い将来に練習艦へと種別替えとなるので、今のうちに乗艦しておきたいですm(_ _)m

また、神奈川県横須賀市のヴェルニー公園では「戦艦陸奥主砲里帰り記念式典」が催されたようです!

参加された方は羨ましい。。。

このページのトップヘ