【防衛装備庁】より

イメージ 1
※写真は防衛装備庁HPより

■概要
装輪155mmりゅう弾砲は、現有の牽引式榴弾砲(FH-70)の減勢に対応するため、射撃・陣地変換の迅速化、戦略機動性の向上及びネットワーク化を図った装輪自走砲として、開発を進めているものです。

平成30年5月31日までに試作車両計5両が株式会社日本製鋼所から納入され、事後、防衛装備庁において評価・試験を行っています。

■主要諸元
口径/口径長:155mm/52口径
全長:約11.4m
全幅:約2.5m
全高:約3.4m
乗員定数:5名

車体はMAN社のHX 8x8シリーズを使っている模様。


イメージ 2
※写真はGoogle画像検索より

→昔Google画像検索で上記2枚目の写真が話題になりましたが、流石にこれはガセ?だったようですね。

1枚目の写真も本来は重装輪回収車ベースの車体だったはずですが、知らない間に変わったみたいですね。

いずれにせよ、完成が楽しみです^^♪

即応機動連隊に優先して配備されないかなー(*'▽')