13日(月)に向けて復習をするため、過去記事を引っ張ってきました o(・ω・o)=з=з

そのため「見覚えがある!」と思った方はすみません。。。

この日の艦活は、そうりゅう型潜水艦七番艦SS507じんりゅうが先日の3月7日にMHI(三菱重工)→海上自衛隊に引き渡されたので、就役直後の「じんりゅう」の撮影が目当てです^^v

これで神戸観光海上クルーズも3回目の乗船になります(`・ω・´)ゝ

イメージ 4

「神戸観光海上クルーズ」の乗り場はハーバーランドやメリケンパーク、神戸のウォーターフロントの中心部、中突堤に優美に佇む神戸ポートタワーの直ぐ側です!!

個人的には神戸ポートタワーの形は1910年3月1日より就役したUSS BB-26 South Carolina(サウスカロライナ)級戦艦より採用された籠型マストに見えてしまいます(笑)

イメージ 3

それでは神戸ベイクルーズが所有するRoyal Princess(ロイヤル・プリンス)に乗船しておやしお型/そうりゅう型潜水艦を見て参ります(`・ω・´)ゞ

イメージ 2

ちなみに中突堤から見えるKHI(川崎重工)の敷地はこのようになっています^^

1886年の操業開始以来130年の間、KHIにおける船舶建造及び修理の他、舶用ディーゼル機関及び蒸気タービン機関の舶用機器製造事業の重要拠点となっております。

神戸造船工場には基本設計部門、潜水艦の設計部門があり最新技術の研究開発や将来船舶の基本設計を行っています。

イメージ 5

まずは神戸ハーバーランドからも望むことができるKHIの「北浜」に係留されている潜水艦を見て参ります(`・ω・´)ゝ

イメージ 6
イメージ 1
イメージ 7

「北浜」にはX舵が最大の特徴となっているそうりゅう型潜水艦が係留されていました^^

いつもより船体が浮き上がっていて、喫水線下の藻や牡蠣がびっしりとへばり付いています。。。

KHI製の潜水艦なので、SS502うんりゅうかSS504けんりゅう、SS506こくりゅうかと思われます^^

イメージ 8

何もドック入りしておりませんが、「第4乾ドック」になります。

KHI神戸工場が保有するドックは以下の通りです。
・Building Berth(船台)
No.1 全長:127m 幅:15.4m
No.4 全長:281m 幅:46.4m
No.7 ※不明

・Dry Dock(乾ドック)
No.1 ※2013年閉鎖
No.4 全長:215m 幅:33.5m

・Floating Dock(修理ドック)
No.2 全長:113m 幅:20.0m
No.3 全長:250m 幅:43.2m

イメージ 9

特に何もない空間です。

場所で言うと北側から第4乾ドックと第1乾ドック跡地の間に位置しております。

イメージ 10

2013年に閉鎖された「第1乾ドック跡地」になります^^/

1902年から使用され続けましたが、1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けて使用を中止。

その後も老朽化による損壊部分や漏水部分の拡大が続いて危険度が増したため今後の維持管理が困難との判断に至りました。

現在は「近代化産業遺産」に認定され、111年の歴史に幕を閉じています。

イメージ 11

撮影アングルと障害物が邪魔で、こちらのバースが何か分かりませんm(_ _)m

位置的には「組立工場」に繋がっているバースですが、真相は分からずじまい。。。

イメージ 12

昨年11月にSS508せきりゅうが進水した「第1船台の」南側にある「第4船台」になります。

「船台」というだけあって、修繕ではなく実際に船体から造っておりました^^v

イメージ 13

何も入梁しておりませんが、こちらは「第7船台」です。

このバースに関しては全長や幅が分かりません。。。m(_ _)m

イメージ 15

第7・8工場です。

何が造られているのかは分かりません。。。

イメージ 16

「南浜」にはキューバ船籍の「AMIS GLORY」が係留されていました!!

この船は2016年1月20日に進水したばかりのようで、同年3月には艤装が完了して引き渡されていたようです。

ちなみにこの船は55型撒積貨物船と呼ばれるタイプの船で、梱包されていない穀物・鉱石・セメントなどの撒積貨物を船倉に入れて輸送するために設計された貨物船になります。

イメージ 17
イメージ 18

「西浜」には三隻の海上自衛隊の潜水艦が係留されていました(`・ω・)ゞ

吸音タイルの有無で言うと、三隻共おやしお型潜水艦に見えます。

KHI製なので
SS590おやしお
SS592みちしお
SS594いそしお
SS596くろしお
SS598やえしお
SS600もちしお
のどれかになります^^v

イメージ 19

こちらも何も入梁しておりませんが、「第3ドック」になります。

幅が43.2mもあるKHI2番目の大きさのドックです!!

イメージ 20

「第2ドック」です^^v

入り口が塞がれているので、恐らく潜水艦が入梁していると思われます^^

それではKHIを離れ、MHI側を見て参ります!!

※新幹線が新大阪駅に着いたので、一旦ここで筆を置かせて頂きます。

イメージ 14

MHI側の第4ドックになります^^v

KHIに関してはパンフレットを持っているので配置が(多分)分かっていますが、MHIの配置に関しては謎です。。。

イメージ 21

第1ドックです。

書いてあるので誰でも分かりますが。。。orz

イメージ 23

写真の通りMHI製のおやしお型潜水艦が係留されていました。

MHI製のおやしお型なので
SS591みちしお
SS593まきしお
SS595なるしお
SS597たかしお
SS599せとしお
のいずれかになりますねm(_ _)m

この日MKI製の潜水艦は上記の一隻だけ。。。

本命の「じんりゅう」は引き渡し後そのまま由良基地へと行ってしまったようです o(・ω・o)=з=з

。。。m(_ _)m

イメージ 24

まぁ、こんなことがあるのも「ミリ活」であり「艦活」です(≧ω≦)b

写真は明石海峡大橋です^^v

そう言えばいつの日か明石海峡大橋からむらさめ型護衛艦を撮影している人がいましたが、どうやって撮影したんだろう。。。

イメージ 22

MHIも過ぎてしまったので、今回のクルージングもメインが終わりです( ;∀;)

その後神戸港第一防波堤東灯台を回航して参ります。


学校法人神戸学院大学と兵庫医療大学、夙川学院短期大学の建物です。

キャンパスの西側の「ポーアイしおさい公園」には大型客船が接岸できる岸壁があり、海外からの客船が接岸すると大学内にCIQ(税関:Customs、出入国管理:Immigration、検疫:Quarantine)の設備が臨時に仮設されるそうです。


ポートターミナルからポートアイランドに架かる全長319m、国内初めてのダブルデッキタイプの真紅のアーチ橋となっている神戸大橋です^^v


その橋の側には民間のタグボートがたくさん。。。


神戸大橋の真下です。


全長:143.0m、全幅:21.0m、「HR MARION」という船名の米国籍の貨物船です。


高さ108mの真っ赤なポートタワーと帆船を模した海洋博物館、半楕円形のメリケンパーク・オリエンタルホテル、高さ135mのホテルオークラが立ち並んでいて「神戸」を代表するものばかりを俯瞰することができます^^v


宮崎カーフェリー株式会社が所有するカーフェリーになります^^v

総排水量:11,933t、全長:170.0m、全幅:27.0m、速力:25knotで最近「おおさかエキスプレス」から「こうべエキスプレス」に改名されました。

※何時頃かは不明。。。


半楕円形のメリケンパーク・オリエンタルホテルです。

この建物の形は印象に残りますね^^v

かなり紹介が雑になってしまいましたが、詳しくは13日(月)のクルージングに乗船した際のレポートでさせて頂きますm(_ _)m

次回は2016年3月に行われた、SS506こくりゅう引き渡しに関してご紹介させて頂きます(`・ω・´)ゝ